ヘルシーステップ トイプードル4歳

わりと好き嫌いがあったり、同じようなものが続くと
飽きたりするようなので缶詰やドライの固形、
レトルトパック等気分や買い物の都合等に合わせて
いろいろと違う商品に買えることも多いです。

あまり大きかったり固いと食べるのが大変そうに
見えることがあるので、食いつきのよいものを
買ってあげるようにしています。

アイリスオーヤマの商品がわりとよく食べたり、
喜んでいる印象で好きなのではないかな?
と思います。

普通の食事的なドッグフードだけではなく、
アイリスのガムやおやつ(卵ボーロのようなもの)
も割りと好きなのです。

2年位前までは、気に入ったものしか食べなかったり、
人が食べているものに興味を示したりすることも多く、
大体決まった時間に自分に与えられたドッグフードだけが
自分の食べるべき食餌だというこを理解させ、
納得させるのが大変で、
根気比べのようになっていた時期もありましたが、
固さや大きさ、タイプ(ドライタイプ粒型の固形や缶詰
・レトルトパウチ・おやつっぽいもの)、
メーカーなどをいろいろ他を変え品を変え・・・
を繰り返す中、アイリスオーヤマの商品が
この子は好きなんだ。ということに気づきました。

それ以来、多少食いつきが悪くなったり、
またよく似たものが続いたりしたら、
適宜違うタイプのものを与えたりしています。

それぞれ好みがあると思いますが、
うちのワンコはビーフよりチキン、
少し柔らかめのレトルトパウチのものが好きなようです。
おやつやガム、ビーフジャーキーなどのほかにも、
ふりかけ等もあるようなので、
今度一度試してみたいと思っています。

ペットブームもあり、どんどん人間と近い
食べ物も増えてきているので、
一緒に食べられるようなものも
開発される日も近いかもしれませんね。

シュプレモ小粒 トイプードル4歳

前は近所でいつも売っているユカヌバを与えていましたが、
耳あかが出るので餌の脂分が多いのだと友人に聞き、
店頭ですすめられたシュプレモに替えてみました。
シュプレモの方が香りが自然な気がします。

比べると、ユカヌバは人工的な匂いの油で
コーティングされている感じがして、
触るのも少しためらうくらいだったので、
その点シュプレモの方がかなりましです。

そのせいか、糞のニオイがかなり軽減しました。
ユカヌバはおそらく、吸収しきれない栄養がでてたのかな、
というような、妙に餌くさいような
獣くさいようなニオイでした。

また、たまに下痢というかゆるい糞の時があったので、
おそらく消化不良だったのでしょう。
もしかすると、ラムが合わない体質で、
シュプレモのチキンの方が
ベターな体質なだけかもしれないですが…。

味も、ユカヌバに比べると好みのようで、
前よりがっついて食べるようになりました。
美味しいのでしょうね。

外面に出た影響としては、目やにがまずよくなりました。
なんとなく常に出ているのが当たり前だと思っていたのは
大間違いだったのだな、
と思いました。

耳のニオイも良くなったように思います。
毛艶はなんとなく、よくなったかなという感じです。
体臭はそんなに変化をまだ感じませんが、
餌を替えてまだ4ヶ月なのでよくわかりません。
そのうち変わるかもしれませんね。

体調自体は、獣医での検診では特に何も言われないので
そう大きな変化はないようです。

探せばまだ他にすごくいい高い餌もありますが、
うちの経済状況や運動量ではシュプレモがベストです。

ゆくゆくはあと数年もすればシニアになるので、
その時の体調次第でランクアップしたものに
変える事になるかもしれませんが。

サイエンスダイエットアダルト チワワ5歳

赤ちゃんの頃からサイエンスダイエットシリーズ
のエサを与えています。
最初はお湯でふやかしてあげていました。
基本的に普段はがっついてすぐに食べてしまいます。

体調がすぐれないときは全然食べません。
途中で飽きたのかサイエンスダイエットのみでは食べなくなりました。
他のドライフードに変えたりしてみたのですが
それもいまいち食べが悪く困った時期がありました。

そこでサイエンスダイエットに
缶詰のエサを混ぜて与えるようにしました。
するとまたがっついて食べるようになり安心しました。
逆に今度は缶詰のエサを混ぜないと食べなくなってしまいました。

現在は毎日サイエンスダイエットと缶詰エサを混ぜて与えています。
食べなかった理由は体調なのかは本当のところわかりません。
なぜかというとおやつは食べたそうにほしがるからです。
日にちがたつとまた食べ出すのでどうやらうちの犬は気まぐれなようです。

成犬になってからもずっとサイエンスダイエットをあげつづけています。
ちょっとでもエサを変えると警戒してたべなくなります。
一時期半生ドライフードをあげていたのですが
お腹が弱いのかうんちがゆるくなってしまいました。

やっぱりサイエンスダイエットがいいのだと思い
買い換えたということもありました。
犬の人間と一緒でご飯に飽きたりするようです。

ただ本当に気にくわないエサだと全く食べないです。
ぐーとお腹がなってても嫌いなエサはまったく食べません。
万が一サイエンスダイエットが
廃盤してしまいなくなってしまった場合、
相当次の好みのエサを選ぶのが大変だと思っています。

サイエンスダイエットは定価はさほど安いものではないのですが
人気もあるのかスーパーなどで安く売られていて助かります。
今後ともサイエンスダイエットをあげていこうかと思います。

ゴン太 13歳以上 シニア用 雑種17歳

ゴン太が品切れして他の商品を与えてみたが
気に入らなかったようで減りが遅く、
食いつきもお腹が本当に空いていないと食べなかった。
年齢に合わせた15歳以上用で
ゴン太より良いかと思っていたが当てがはずれました。
本人の好みは大きいと思ってもいます。

私が与えるときに困るのは匂いです。
お湯でふやかすとゴン太にはないのですが、
他の商品だと強烈な匂いがします。

オーバーかと思われるかもしれませんが、
犬の排泄物のような香りがします。
酵しているような香りです。
ゴン太にはありません。

温めなおしでレンジで加熱するとレンジに匂いが残り、
掃除が毎回必要になります。
何が違うか、よく調べてはいませんが、大きな差です。

また、老犬になると舌の力が弱まるのか、
ポロポロ口からこぼれます。
ゴン太は一粒が大きいので食べこぼしがほとんどありません。

私の老犬は脳に腫瘍ができて、歩けなくなり、
食べるにも水を飲むのも手伝いが必要な期間がありました。
今は回復して歩いたり、自分で食べたりできますが、
身体にマヒが多少あるようで歩くのも尻尾を器用に回して
ふらつきをカバーしているようです。

食べ物も器から舌ですくい上げる力が弱まってしまった様で、
ペーストの場合だと、歯で噛みあげてのむので、
ご飯が食べきるません。
スプーンですくい上げて口の奥に入れる手伝いが必要ですが、
ン太をお湯でふやかしても
一個一個が大きな塊のままなので
口先や歯ですくいやすい様子が見られます。

犬も、人に手伝われているより自分でできることがしたい様で、
体調がよくなるにつれて手伝おうとすると拒否されます。
投薬や獣医師の指導のおかげで
ソファーやベッドに飛び乗れるまで回復し、
長い距離は無理ですが、散歩もこなし、
犬の笑顔が見られるようになりました。

病気をしたら好きなものを食べさせてあげたくなりますが、
ドッグフードが身体に一番良いです。ゴン太があって良かったです。